TEGARAMILL

代表メッセージ

ShotStaff

ヒトのやる気を引き出し、日本の未来に貢献していく

私はリクルートの求人広告事業を通じ、実に26年もの間、人材マーケットに対峙してきました。求人広告事業は時に「マッチング事業」と称されることもありますが、当時の私はブランドや業種、勤務条件でヒトと仕事を結びつける、いわゆるリクルーティング(採用)機能に加え、入社後のパフォーマンス(入社後活躍)までも見据えた「ベストマッチングの実現」を目指す必要があると考えておりました。

そして、私はその「ベストマッチング」をお客様企業、そして自社組織で実現するために、「ハイパフォーマンスな組織の型づくり」を追求してきました。その構成要因は時代の変化や時々のトレンドを味方につけた組織づくりや人事制度、マネジメント手法、そしてヒトの機微など多種多様であり、且つ一過性の要素が複雑に交わり、その体系化には困難を極めました。最終的に、優れた組織の中にいるヒトに向き合い対話を重ねた末に、ある共通の「事実」が存在していることに気づくことができました。それは、優れた組織は例外なく「ヒトの心に火を点けることができる多数の個人により牽引されている」ということでした。

これまでに全く前例のない、この難攻不落な「事実」のサービス化と、その普及に努めることこそが、私がさせていただける社会への恩返しであると考え、人生最後の仕事にする覚悟でこの会社を興しました。私たちは「心の着火台に火を灯す」サービスを開発し、クライアントの皆さまと共にその普及に努めることで、新たな社会のエンジンとなることを目指してまいります。ヒトのやる気を引き出し、日本の未来に貢献していく。どこまでも終わりのない挑戦という道を、真摯な姿勢で歩み続けたいと考えております。

株式会社テガラミル 代表取締役社長
上林 時久